皮膚科脱毛を徹底比較!医療脱毛・美容外科・脱毛サロンとの違いとは?

俺のひげ脱毛 皮膚科
脱毛をどこで受けるか、の選択肢として、「皮膚科」があります。この記事では、皮膚科でメンズ脱毛、特にヒゲ脱毛を例として、皮膚科だともうのメリットや必要性について解説しています。

美容外科と皮膚科、脱毛サロンでの脱毛の違い

ヒゲ脱毛が出来る場所は、大きく分けて「メンズ脱毛サロン(エステサロン)」と「医療施設」とあります。

両者の大きな違いは、「長期に渡って高い制毛率を維持できるかできないか」というポイントになります。

皮膚科 美容外科系 メンズ
エステサロン
科目 皮膚科 美容皮膚科 美容整形外科 美容形成外科 ヒゲ脱毛など
診療範囲 保険
診療
保険診療と
私費診療
主に私費診療と外科手術 完全自費
ヒゲ
脱毛効果
長期に渡る制毛率を維持できる 数年後毛が再生

医療施設で行うヒゲ脱毛とは、半永久的にヒゲ脱毛の効果を持続できると言えるもので、一方メンズエステサロン系のヒゲ脱毛は、ヒゲ脱毛処理してもまた生えてしまう可能性が高い方法です。

俺のひげ脱毛 皮膚科

そして医療施設で行うヒゲ脱毛は、「美容外科系」と、その他に「皮膚科」でも行う事ができます。

皮膚科クリニックと言っても、そのクリニックの院長先生ごとにそれぞれのカラーがあり、「皮膚疾患や病気」しか見ない(保険診療がメイン)という先生もいらっしゃれば、美容の目的が色濃く反映され、ヒゲ脱毛などの私費診療をバンバン行うような皮膚科医もいらっしゃいます(上の表 美容皮膚科)。

美容外科系のクリニック院長は、美容整形外科専門医の方だった方がほとんどです。

 

皮膚科でのヒゲ脱毛 美容外科でのヒゲ脱毛
院長先生のご出身と 専門分野 皮膚疾患診療(保険診療)
と美容目的の皮膚科
(外科的手術はほぼゼロに近い)
整形外科や形成外科系の
手術を専門とした経歴
ヒゲ脱毛の万一の
皮膚トラブル
 皮膚科医ならでは経験から皮膚トラブルに対処してくれる。脱毛照射による炎症や火傷症状などの対応は、専門医ならではの安全性がある 美容外科として皮膚トラブルに対処
(皮膚疾患への対処で言えば皮膚科よりも症例が少ない)
主な治療 薬剤の処方 外科手術の他、薬剤の処方も行う

 

美容外科系クリニックと皮膚科では、ヒゲ脱毛をするうえで、ベースとなるヒゲ脱毛技術は変わりありませんが、皮膚科で行うヒゲ脱毛は、以下の点で美容外科系との違いがあると言えるでしょう。

  • ヒゲ脱毛の万一の皮膚トラブルに、皮膚科医がフォローできる
  • アトピー性皮膚炎など皮膚疾患症状を持った男性でも、皮膚科医ならではの経験からヒゲ脱毛を行うことが出来る

「外科手術」を得意とする先生方で、この点が一般的な皮膚科医と大きく異なる点です。

美容外科の先生でも、皮膚のトラブルに関して当然診療できますが、皮膚科の先生ほど多くの疾患を扱っている訳ではありません。

「疾患改善:保険診療皮膚科」なのか、「見た目改善:美容系のクリニック」なのか、という違いがあります。

ヒゲ脱毛をする上で、根本的なヒゲ脱毛技術はほとんど変わらない、とお話しましたが、唯一二者の違いがあるとすれば、先生のご専門が外科系なのか皮膚科系なのか、その違いに寄る所でしょう。
保険診療皮膚科と美容皮膚科をさらに詳しく解説すると以下のような事が言えます。

皮膚科で、ヒゲ脱毛を行ってくれる場所は、美容目的が色濃い診療を行ってくれる場所です。

保険診療皮膚科 美容皮膚科
診療科目の詳細 保険適用範囲の「疾患改善」がメイン。私費診療(ヒゲ脱毛など)のウエイトはほとんど無し ヒゲ脱毛の他、“シミ改善”などの、美容目的が色濃い診療を、診療科目にしている皮膚科。この場合、私費診療のウエイトが大きい 。

 

ヒゲ脱毛を行う皮膚科医の先生は、表に出している看板は、皮膚科かもしれませんが、疾患も治すけれど、男性の見た目を替える事にも積極的な先生と言えるのではないでしょうか?

 

ひげ脱毛をしたいけど皮膚科にかからなくてはならない人の条件

俺のひげ脱毛 皮膚科

さて、上の事を踏まえて「ヒゲ脱毛で皮膚科にかからなくてはならない人」の条件を挙げるとすると、以下のことが言えるでしょう。

 

  • アトピー性皮膚炎など炎症系の皮膚疾患を持っている
  • 普段のヒゲソリで、かなり皮膚の弱さを感じている

 

上の二点など皮膚に何かしらの懸念を抱えつつも、永久脱毛並みのヒゲ脱毛効果を望んでいて、懸念を持っているからこそ、「しっかりした処置をしてくれる医療脱毛」が適しているとも言えます。
※しっかりした処置とは永久脱毛の事

皮膚に懸念を持つ人がヒゲ脱毛したい場合に、必ず皮膚科でヒゲ脱毛しなければならない訳ではありません。

ですが、少なくても始めに登場した表にあるように、「皮膚科で行うヒゲ脱毛は、メンズエステサロンでは得られない医療施設ならではの専門的かつ迅速な対応をしてくれる」ということは言えます。

皮膚科でヒゲ脱毛をするべき人とは、この対応を望む人のことを言います。

 

まとめ なぜヒゲ脱毛で皮膚科にかかる必要があるのか?

 

では上の三つの条件に少なくても1つは当てはまるような人が皮膚科に行ってヒゲ脱毛する必要は究極ありません。
ですが、その分「皮膚科でヒゲ脱毛することで得られるメリットを全て放棄する事になる」それだけです。

皮膚科でヒゲ脱毛を行ってくれるクリニックは、美容外科系クリニックよりは少ないと言えるので、探すことは難しいかもしれません。

ですが、もし皮膚に何らかの懸念を持つ人がヒゲ脱毛しようとする場合に、「皮膚科で行うと得られるメリットや安心感は美容外科系よりも高い」と言えるでしょう。

カウンセリングの意味で、初診だけでも皮膚科に行ってみて、皮膚科医に相談しているうちに美容外科系でもいいかもしれないと思えば、美容外科にすればいいだけのこと。

ヒゲ脱毛と言っても時間も労力もコストも必要になるので、まずこのお試しの意味での「初診」を受けられるのがお勧めです。

素敵なヒゲ脱毛に成る事をお祈りしております!