ひげ脱毛でやけどのリスクはある?起こる原因と対策は?

光脱毛や医療レーザー脱毛でやけどのリスクが0%でないことは事実。
もし自分自身がやけどをしてしまったら…傷跡でも残ってしまったらどうしよう…と不安に思っている方も多いはず。
しかし、やけどを引き起こす原因はいくつかありますが、いずれも明確なものなので、防ぐことは可能です。
そこで、今回はひげ脱毛を安心しておこなう為に、やけどを引き起こす原因や防ぐ方法をしっかりとご紹介します。

ひげ脱毛でやけどするってどんな状態?

光脱毛や医療レーザー脱毛は熱を使って毛根にダメージを与えることで、脱毛の効果を得ています。
その熱が何らかの原因で皮膚にも反応してしまい、皮膚が赤くなったり、ひりつきが起きる、ひどい場合は水ぶくれができてしまうこともあります。

光脱毛でも医療レーザー脱毛でもやけどのリスクはほぼナシ

光脱毛も医療レーザー脱毛も脱毛の原理は同じなので、もちろんいずれの脱毛機にもやけどのリスクはあります。

しかし、あまり不安にならなくても良いのは、脱毛サロンや脱毛クリニックで伝えられていることを守っていれば、滅多にやけどが起きてしまうことはありません。
色々と調べていると、年々脱毛によるやけどの被害が増えているようにも見えますが、これは、それだけ脱毛する人が増えて脱毛業界が大きくなってきているがゆえのことでもあります。

よほど安価でネットで検索しても全然名前が出てこないような怪しい脱毛サロンや脱毛クリニックにでも行かない限り、機械のトラブルが起きてひどいやけどを負ってしまったということは聞いたことがありません。
ある程度名の知れた、評判も良い脱毛サロンや脱毛クリニックを選べば、機械に対するメンテナンスやスタッフによる研修をきちんとおこなっているからです。

ひげ脱毛でやけどをしてしまう原因はこれ

それでもひげ脱毛でやけどしてしまう、という原因で考えられるものは、以下です。

剃毛がきちんとできていなかった

たいていの脱毛サロンや脱毛クリニックでは、照射前に自己処理をして来るようにお願いされるかと思います。
それは、ひげが伸びた状態のまま照射してしまうと、ひげを通じて肌の表面に熱のダメージが伝わり、やけどをしてしまうからです。

対策は、照射の前日や当日の朝に剃り残しが無いよう、丁寧にひげを剃ること
です。

もちろん照射前にスタッフや看護師が伸びているひげがないか、確認をしてくれますが、自分自身でもきちんと事前の剃毛をしておきましょう。

照射のパワーが強すぎた

脱毛サロンや脱毛クリニックで使用する脱毛機には、それぞれの毛質に合わせて脱毛の効果が出るように照射のパワーを変えていますが、脱毛の効果を早く出したいから、と痛みや熱さを感じていても我慢して伝えないでいると、その人に適切なパワーを超えてしまいやけどをしてしまうことがあります。
最初は平気でも、何度か照射してもらっているとだんだん熱さや痛みが増してくる場合もあります。

対策は、そういった痛さや熱さを感じる感覚の変化も、照射中だから、などと遠慮せずにはっきりと伝えること。

早く効果を出したい、という気持ちは分かりますが、我慢できない熱さや痛みは正直に伝えることがとても大切です。

日焼けをしてしまったがそのまま照射した

光脱毛や医療レーザー脱毛に通っている期間中、日焼けは厳禁です。
毛髪の黒いメラニンに反応するため、日焼けをすると黒くなった肌全体のメラニンに反応してしまう可能性が高くなるからです。
そのため、日焼けをしてしまったが、大丈夫だろうとの自己判断で黙って照射をしてしまい、やけどを起こしてしまう場合があります。

対策としては、もちろん日焼けをしないよう気をつけること!

日焼けをしてしまった際は、正直に伝えること、そして日焼けが落ち着くまで光脱毛や医療レーザー脱毛は照射するのを休むことです。
日焼けの度合いにも寄りますが、それほど酷くなければ、1〜2ヶ月で色味も落ち着くので、1回程度、照射する時期をずらせばOKです。

照射部位にほくろやアザがある

メラニンが集まってできたほくろにも光脱毛や医療レーザー脱毛は反応してしまいます。
小さなほくろの場合、本人の了承を取って、脱毛クリニックではそのまま照射する場合があります。
その際、ほくろの部分が赤くなり、ペロリとめくれてしまう場合がありますが、傷口を清潔に保てば、通常の小さなケガと同様、1週間程度で治ります。

しかし、小さな傷であっても、起こさないための対策としては、昔からよく知っている自身の身体、ほくろやアザなどがある方は、きちんと伝えておくことが大切。

きちんと伝えた上で、そのまま照射してしまうのか、保護してもらうのかは相談して決めましょう。

【関連記事】

ひげ脱毛でほくろの部分も脱毛できるのか?どんな方法かを解説!

乾燥した状態の肌で照射した

水気の無いものに熱や火が伝わりやすいのと同様で、肌の水分量が少なく乾燥した状態で光脱毛や医療レーザー脱毛を照射してしまうと、熱のダメージが肌に伝わりやすくやけどの原因になります。

肌の乾燥対策としては、保湿をしてあげることがとても重要です。

保湿といっても、過度な手入れは不要。
毎朝晩の洗顔後に化粧水や保湿ジェルなどをしっかりとつけること、そして脱毛照射後は特に忘れずしっかりと保湿をすることです。

それほど心配しなくてOK。自身の管理と正しい脱毛機関選びを

光脱毛や医療レーザー脱毛において、いずれの機械においても、やけどのリスクは全く無いとは言い切れませんが、自身のおこないで、ほぼ回避することができます。

・自身の肌管理を気をつけること
・やけどのリスクになりそうなことについては、正直に伝えること
・そして料金の安さだけで選ばず、ある程度名の知れた脱毛機関を利用すること

このことを念頭に置いて、ひげ脱毛をおこないましょう。
もし万が一やけどをしてしまった場合は、軽度であれば市販薬などを塗って対応しても構いませんが、やけどをしてしまったことは、脱毛サロンや脱毛クリニックへ正直に伝えること。

脱毛を始めるとどうしても、脱毛を早く終わらせたい気持ちが出てしまいますが、無理をしないことが理想の肌になる一番の近道ですよ!

【必見】⇒管理人が通う「リンクス」体験談

【併せて読まれる記事】

ひげ脱毛をするメリット・デメリット

ひげ脱毛で失敗する人がいるのはなぜ?その原因は?経験者目線で語る!