アトピー肌や敏感肌の人はひげ脱毛はできる?脱毛サロンやクリニックで可能?

おれひげ先生
ひげ脱毛の事前カウンセリングにて、

「アトピーでもできますか?」「敏感肌なのですが脱毛は可能ですか?」
などといった質問を受けることがあります。

結論から申し上げると、
肌トラブルが起きやすい肌であるため、脱毛できる可能性は低くなります。

しかし、自己診断で諦めるのはまだ早いかもしれません。
今回は、アトピー肌や敏感肌でも脱毛ができるのか、
脱毛をする際の注意点を解説していきます。

アトピー肌や敏感肌の場合ひげ脱毛は避けるべき?

おれひげ先生
ひげ脱毛のほとんどは、「光脱毛」か「医療レーザー脱毛」となります。
2つの違いは、熱エネルギーの強さですが、
どちらも、「毛根に熱エネルギーを照射してダメージを与える」という点は同じです。

熱エネルギーは、主に黒い毛髪がターゲットとなりますが、
併せて、肌全体にも熱は与えられるため、炎症などがある場合は照射できない場合があります。

もともと肌の潤いが足りていない「アトピー肌」や「敏感肌」は、
正常な肌よりもトラブルが起きやすいことを理由に断られる場合もあります。
特にアトピー肌が長期化することで起きる「色素沈着」にも脱毛器が反応してしまい、
過剰に照射され「ヤケド」をしてしまう恐れがあるため照射ができない場合があります。

アトピー肌や敏感肌でもひげ脱毛ができる場合がある?

おれひげ先生
では、「アトピーや敏感肌である人は100%脱毛できないか?」
と言われたらそうではありません。

脱毛する際に、炎症や乾燥が起きていないようにすれば、サロン・クリニック共に通うことは可能です。

まさきん
脱毛クリニックでは肌の状態を見ながら施術してくれる場合も多数あります。

医師が常駐していること、照射は看護師がおこなっていることから、
万が一の場合に医者の視点で対処・治療することができるからです。
肌に不安がある方は、脱毛クリニックへ行ってみるのが良いかもしれません。

アトピー肌や敏感肌の人が「ひげ脱毛」で気をつけるべきこと。


おれひげ先生
アトピーや敏感肌であっても脱毛は可能ですが、注意すべき点があります。
それは照射後の「保湿ケア」です。

敏感肌やアトピーは肌の乾燥からバリア機能が低下し起こっています。

乾燥しやすい肌の場合は照射によって与えられた熱を取るための「冷却と保湿」をしっかりすることが大切です。
脱毛を早く終わらせたい気持ちも理解できますが、
アトピー肌や敏感肌の方は、肌の様子を見ながら照射に通うようにしてください。

アトピー肌や敏感肌でもまずはカウンセリングを受けてみよう

まさきん
脱毛サロンは、脱毛クリニックの医療レーザー脱毛に比べてエネルギーが弱い分、
痛みも少なく肌への負担は減らすことができます。
しかし、サロンには医療従事者が常駐していないため、アトピー肌や敏感肌だと照射を断られる場合もあります。

一方、脱毛クリニックは、医師や看護師が診断してくれることや薬の処方も可能なので、
アトピー肌や敏感肌で悩んでいる方は、脱毛クリニックの方が安心度が高いかと思います。

肌のトラブルを抱えていることを初めに相談し、照射をおこなう際は肌の状態を優先して無理をせずに通うことが大切です。

自己診断で諦めていた方は、
一度脱毛サロンや脱毛クリニックのカウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか。

「実は通うことができた!」という場合が意外と多かったりしますよ!
肌トラブルなどのアフターフォローが充実の「ゴリラクリニック」!

◆この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます!◆

ひげ脱毛で失敗する人がいる原因は?経験者目線が語る理由とは!

2018.05.17